ブランド盆栽「赤石五葉松」Akaishi Goyomatsu

愛媛県四国中央市で作られる盆栽「赤石五葉松」は、瀬戸内海に面した赤石山に千古から自生する五葉松の原種を守りながら盆栽に仕立て生み出されたブランド盆栽です。赤石山の五葉松は天然記念物にも指定されています。盆栽の行き着く先は五葉松と言われるほど、盆栽の代表的な樹種である五葉松は、地域で代々受け継けつぎ技術を継承した職人たちによって作られた至高の盆栽です。このホームページでは、赤石五葉松の魅力や職人の紹介、盆栽の育て方などのコンテンツを提供しています。

赤石五葉松 メインコンテンツ

Akaishi Goyomatsu Main Contents

愛好家の方へ

  • 赤石五葉松とは

  • 盆栽産地紹介

  • 作り手の紹介

  • ブランド松盆栽「赤石五葉松」の魅力から、育て方、作り方まで盆栽愛好家に役に立つコンテンツです。

バイヤーの方へ

  • 盆栽の仕入れ方

  • 生産地に買い付けに行く

  • 盆栽の価格

  • 園芸関係や小売店、お花屋さん向けに盆栽の仕入れ方をご紹介しています。輸出向けに当組合の管理するドイツの棚場の紹介も。

ネット通販

  • 生産地から直送

  • 作り手の顔が見える盆栽通販

  • 職人がサポート

  • 丹精込めて作った盆栽職人から直送される通販だから、アフターフォローもばっちり。盆栽と長く付き合っていくための通販店。

おすすめコンテンツ

Recommend Contents

盆栽職人列伝

日本の盆栽を支える職人。芸術として世界で評価される盆栽を作った男達はどのように盆栽と向き合っているのか。

盆栽産地 土居町

古くから盆栽産地として栄えた愛媛県四国中央市の土居町は、今なお数万本の盆栽が植えられ生産されています。

産地の取り組み

赤石五葉松輸出振興組合では日本の伝統工芸「盆栽」を世界に広めるべく、大きなミッションを掲げ展開しています。

原種の価値

古来より変わることなく自然環境の中で生き続けてきた植物。盆栽に姿を変えても悠久の時の流れを感じさせる赤石五葉松。

ドイツの中の日本

赤石五葉松を世界中に届けるために、赤石五葉松輸出振興組合はドイツに盆栽の管理場を作り、盆栽を輸出しています。

輸出について

近年では海外での評価が高く年々輸出量が増えています。当組合では輸出に力を入れており、世界へ赤石五葉松を届けます。

私たちの想いOur thoughts

地元 土居町の自然や風景をみんなに届けたい。
千年の時の流れの中で地元を、日本を見守ってきた赤石五葉松。これからの未来に残したい。
私達盆栽職人ができること、鉢の中にこの素晴らしい情景を作り続けること。

お知らせNews

  • 2020/09/13今年度採取の種の予約開始しました。採取した種は11月頃にお届け予定です。ご注文はお電話でも承っております。
  • 2020/08/22サイトオープンいたしました!赤石五葉松の情報を発信していきます。

▲

MENU

ゲスト様